RSS | ATOM | SEARCH
木のまな板のお話。 その2


さあ、前回のその1から時間が経ちましたが…(^_^;)

その2です!





今回は人間も色々な人がいるように、

木も色々な木があります。

それをまな板にして、他社様の力も借り、

一言を入れて4種類紹介させて頂きます(^.^)





まず最初に「朴の木のまな板」です。

41011-41013.jpg

ホオノキと読むこの材料は油分が強く、

刃物のサビ止めの効果もあるとされ、

日本刀の鞘の材料として使用もされています。

坂本龍馬の最後の時に日本刀を受け止めた鞘も、

この材料なんです…。

最初の事から言うと、

包丁との相性が良い材料の1つですね!





次に「桐のまな板」です。

桐のまな板の元祖の(株)イシモク様から画像をお借りしました。

ありがとうございましたm(__)m


1301k000100_main.jpg

桐のまな板の1番の特徴は軽くて使いやすさは抜群です!

大きいサイズの物でも女性・子供も片手で簡単に持てちゃいます(^.^)

そうそう、桐ってジャンルに分けると植物になる事は知ってました?

ノウゼンカズラ科に分類されます!

桐のまな板に関しての詳しい情報は(株)イシモク様のHPに記載してありますので、

是非、ご覧ください(^o^)丿




次から抗菌性の強い2種です。

「ヒノキのまな板」です。


ヒノキ.jpg

ヒノキの成分はピネン・レモネンです。

防カビや大腸菌、黄色ブドウ球菌等への抗菌作用があると言われてます。

桐に続く、有名な木材ですよね(^.^)

所で、ヒノキは漢字で書くと、2種あります。

「桧」と「檜」です。

実は、「檜」の方は木曾ヒノキのみ使える漢字だったはずです。

良くこの漢字を見ると木曾って書いてありますね(^.^)

間違っていたら、スミマセン…(^_^;)




最後に「ヒバのまな板」です。

こちらの画像はちょくちょく登場している?(笑)、

(株)ツボフジ様からお借りしました。ありがとうございましたm(__)m


273020_361465570601749_277179209_o.jpg

ヒバの成分と言えば、ヒノキチオールです!

低濃度でも、多くの雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える力があると、

言われております。

はて?ヒノキチオールと言う名前なのに、ヒノキの成分なんじゃないの?

と、聞かれそうですが、実はヒノキは極少量で、ヒバに多く含まれております。

最初の発見がタイワンヒノキだったので、こう名づけられました!

実はわが家は、白蟻対策で、家の土台をヒバにしております(笑)




以上、4種を説明させて頂きましたが、「なぜ、木のまな板がいいの?」と、

聞かれたら、間違いなく包丁の刃の保護と私は答えます。

硬いまな板は刃を潰す可能性があり、切れなくなってしまいます。

もちろん、まな板の削り直し等の手間もありますが、

是非、木のまな板をご使用ください!





以上、今年最後のブログ更新になりそうなので、

長めにしました(笑)。

来年は午年なので、飛躍の1年になればいいなと思っております。

今年は色々とお世話になりまして、ありがとうございました。




続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 15:27
-, -, - -
木のまな板のお話。 その1


気づけば久しぶりの更新です(^_^;)

月日が経つのは早いですね〜(笑)




今回はこのお話でもしましょう!

浮かせまな板image2.jpg

そう、「木のまな板」です(^.^)

このお話は、県央パワーランチさんにて、15分〜20分程ですが、

このテーマでお話させて頂きました(^^)/


1377118_488787431228309_571339441_n.jpg


ブログは打つのが大変なので、簡単に説明させてもらいます(笑)



最初にクイズです(^o^)丿

そもそも「まな板」は、ある食材を切る為の専用道具だったのです!

その食材とはなんでしょう?4択です!

 ‘

◆ゝ

 野菜

ぁ.ノコ

正解した方には、某ハンバーガーショップのスマイルを!(笑)

冗談はこのくらいにして、わかりましたか?(^.^)

実は正解が「まな板」の文字に隠されています!

まな板を漢字に直すと………。

↓ ↓ ↓ ↓



↓ ↓ ↓ ↓




真魚板漢字.jpg


と、なるのです! そう、正解は△竜です(^.^)

だからまな板の形は魚をさばきやすくする為に、長方形の物が多いんですね〜!

まな板の歴史を紹介した所で次は…、と言いたいとこですが、

定期的なブログの更新の為、続きは次回とさせて頂きます(笑)





それでは、その2で!(^o^)丿



続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 18:06
-, -, - -
プロゴルファー〇〇!


実は最近、ゴルフデビューしました(^.^)

そして無謀にも地元の商工会議所主催の会頭杯に出場!

結果は見事優勝!!………から、247位下のブービー(^_^;)


1185926_519697674778751_1568966295_n.jpg


いや〜、ゴルフは難しいですね〜(^_^;)

でも、ブービー賞+抽選で、イス・グリルパン・自転車をGET!\(^o^)/


1274795_529224157158023_340045465_o.jpg

ラッキーでした!

関係者の皆様、色々とお世話になり、ありがとうございました <(_ _)>





それにしても、このまま下手ではいけないので、イメージトレーニングを。

やっぱりイメージにはこれでしょう!


tpqpr143-img600x450-1375095750abstx634452.jpg

プロゴルファー猿!

次には、旗つつみと岩返しを覚えよう!(大笑)





ここで、すごく気になる事が出来てしまいました。

猿が使っているクラブは木製です。

なんの樹木を使っているのだろう?(-_-;)

すごく気になって調べました(笑)

たしか、猿はクラブにする樹木を探す時に動物を放ちました!


pig.jpg


そう、ブタです(^.^)

ブタはブタでも雌ブタなのですが、トリュフの匂いが、

雄ブタのフェロモンの匂い と似ているらしく、トリュフを探す事が出来ます!

という事はトリュフが生る樹木という事ですね!

トリュフは広葉樹で、しかもドングリがある樹木の根下に生えます。

猿の舞台が日本なので、広葉樹で、ドングリがある有名な樹木を紹介!

最初は、クリ


RIMG0283.JPG


次にカシ

RIMG0285.JPG


最後にナラ

RIMG0284.JPG

トリュフが生える程、出来の良い樹木というスタンスなのでしょう!

漫画の世界なので、加工のしやすさは、考えないようにしときます(笑)

私は、色・重厚感から、「ナラ」ではないかな?と思ってます(^.^)

正解はわかりませんが…(笑)





今の私は、プロゴルファー猿になるには、

徒歩とリニアモーター新幹線くらい差があります(T_T)

ま〜、私はこれでしょう!


ざる.jpg


プロゴルファーざる」(笑)

という事で、プロゴルファーざる頑張ります!!

あっ、プロはつけれない…(^_^;)








続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 18:40
-, -, - -
野球観戦!


たまになんですが、

木を使うスポーツを応援します」との名目で(笑)、

地元の三条市で行われる試合のみ、

独立リーグのアルビレックスBCの試合協賛をしています(^.^)

今回は、ファウルボールをお客様に差し上げますよ!の協賛です(笑)

ファウルボールが出ると、こんな感じに名前が言われます!(YouTube)





今回の試合はアルビレックスBC VS マウイの試合。

マウイは、ハワイの独立リーグで、日本に遠征してきました。

ナックル姫で有名な吉田えりちゃんも所属しているチームです(^.^)


アルビ1.JPG

アルビ2.JPG

アルビ3.JPG

アルビ4.JPG



元ヤクルトのギャオス内藤監督は、

元気に三塁コーチャーに入ります(^.^)


アルビ5.JPG


でも、結果は……、6対4で負けてしまいました(T_T)


登板はありませんでしたが、

勝った吉田えりちゃんはとても満足そう!


アルビ6.JPG


後ろ姿しか撮れなった〜(^_^;)



試合には負けましたが、観客と一体になるように、

色んなイベントが組まれていました(^.^)

まずは、抽選で選ばれた子供による、三塁ベース運び競争。


アルビ7.JPG


次に、 ボールボーイをやってくれた少年野球団による、

観客席にカラーボール投げ。

見事キャッチした人は、景品と交換です(^.^)


アルビ8.JPG



次に、相手がハワイチームという事で、

フラダンスの披露!


アルビ9.JPG


最後に、7回の攻撃の時に行う、ジェット風船!

アルビ10.JPG

アルビ11.JPG


地面に落ちた風船を2個拾うと、粗品と引き換えです(^.^)



いや〜、やっぱり生のスポーツ観戦はいいですね!

野球観戦の良い所は、ゆっくりお酒を飲めるって事です(笑)

でも、カメラを持っていくと撮影に、はまっちゃうんです!

過去に私が撮った写真を紹介します\(^o^)/





最初に元監督で、現巨人のコーチの橋上さん。

アルビ12.JPG


次に、 元監督・選手だった、高津さん。

アルビ13.JPG


最後に、イベントで三條機械スタジアムに来た、

元ヤクルトの古田さん。


アルビ14.JPG

貴重なアルビユニフォーム姿もあります!

アルビ15.JPG




考えてみたら、

元ヤクルト関係が多いのは気のせいでしょうか?(^O^)

これからも、名目の元?(笑)、機会があれば、

お手伝いをしていきたいと思います。

みなさんも見てみませんか?(^.^)


アルビ16.JPG







続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:23
-, -, - -
ところ天なの?心太なの?


まだまだ暑いですね〜(^_^;)

今回は涼しむ為に、ところてんのお話でも。


真鍮 イメージ.jpg




弊社は、ところてんを突く道具、「ところ天突」を製造しています!

真鍮刃.jpg

そこで、以前に疑問がわきました!(*_*)

ところてんは漢字で書くと、「心太」になります。

弊社のカタログに載せている名前は「ところ天突」…。

やばい…(-_-;)

本来は、「心太突」にすべきだし、

「天」という漢字をつける事は、誤字なんじゃないか?

色々と心配になったので、調べちゃいました!





テングサを煮て溶かす製法は、遣唐使が持ち帰ったとされています。

当時テングサは、「凝海藻(こるもは)」と呼ばれていたみたいです。

「凝る」と「太い海藻」がくっついた言葉と考えられてるみたいですが、

製法で仕上がった物を、「凝る」が変化して「こころ」となり、

「太い海藻」が「ぶと」となり、合わせて「こころぶと」と呼ばれ、

心太」という漢字があてられたみたいです。

言葉は変化を繰り返し、「こころぶと」→「こころてい」と変わり、

奈良時代の書物には「心天」と記載されている事から、「こころてん」。

江戸時代にはすでに現在の「ところてん」と呼ばれていたみたいです!

という事は、「心太突」でも「ところ天突」でもOKという事です!

ホッ…。よかったよかった\(^o^)/

これからも堂々と使います!(笑)

それにしても、現在にまで「心太」という漢字が残っている事は、

ロマンを感じますよね〜!





今、ところてんを食べる時は、

突かれている物をお買い上げになる方が多いと思います。

でも今はスーパーに、突く1歩前の物が売ってるんですよ〜(^.^)


RIMG0162.JPG


それを包丁で切って、

RIMG0163.JPG

ところ天突に入れて、突くだけです。

RIMG0164.JPG

突きたての物はホント美味しいですよ!

水っぽく無く、歯ごたえがあるのです(^.^)

突かれて売っている物は、突かれた状態で、

水分に浸かってるので、便利なのですが、

どうしても、水っぽくなってしまいます(^_^;)

是非、最後のひと手間を入れて、突きたてを食べてみて下さい!

食べられた方は、皆さんが「美味しい!」と言われてますよ〜(^o^)丿





続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:53
-, -, - -
初めて行きました!料理教室。


先日、人生初の料理教室に行って来ました!

「えっ、お前なんかあったんじゃないの?」と言う声が聞こえそうですが、

違います!!何かある前に行くのです!(笑)

ま〜、冗談はこの辺にして、本題にいきます(^.^)





私が行った料理教室は、料理研究家の松丸まき(HP)さん主催の、

20〜40代男性限定の料理教室!「Men’s Kitchen」。

50代以上でも気持ちが40代ならOKとの事(^.^)

そして今回、チャレンジした料理は……?


o0480036012625511692.jpg


ベトナム料理の 「フォーガー」と「生春巻き」です。

ちなみに、鶏肉は「ガー」、牛肉は「ボー」と言うらしく、

今回は鶏肉を使ったので、「フォーガー」と、なるらしいです!





さあ〜、開始です!

まずは松丸先生による、デモンストレーションからです(^.^)


o0480036012625508587.jpg

o0480036012625508586.jpg


右の女性が松丸先生です。

さすがに美人先生のお話は男性人は真剣に聞きます!(^.^)




さて、一通りの説明も終わり、こちらの番です!

o0480036012625509680.jpg

o0480037512625509681.jpg


包丁は難しいですね〜(^_^;)

千切りをしたつもりが、輪切りっぽくなり、

かなり歯ごたえがよくなりました(笑)





そして完成!!

20130728010529.jpg

やっぱり男が作ったぽい!

最後はみんなで楽しく食べました(^.^)


o0480038712625510784.jpg


詳しい様子は、松丸先生のブログ(前半 後半)にも載っています!

とても勉強になりました!興味のある方はぜひ参加を(^.^)





実は昨日、生春巻きだけ復習しておきました(^.^)

包丁が苦手な私に強い味方は……、


両用.jpg


弊社商品の表面で千切り、裏面で大根等のツマ切りが出来る、

「木製両用調理器」です。

これを使ってきゅうりを…。


RIMG0228.JPG


にんじんを…。

RIMG0230.JPG

最後に大根を卸して、こんな感じにいっぱい出来ました(^.^)

RIMG0233.JPG

あっ、忘れてました(^_^;)

野菜を卸す前に、 生春巻きのタレになる、

「スイートチリソース」はちゃんと習った通り手作りです(笑)


RIMG0227.JPG

そして、完成!!

20130807112831.jpg


味は自分が作ったとしては、美味しかったですよ(^o^)丿



私みたいに包丁が苦手な方は、どんどん調理道具を使って下さい(^.^)

包丁、調理道具もそうですが、本当の使う目的は何でしょうか?

「切る為」「卸す為」…。簡単に言えばそうかもしれません。

でも、最終目的は「食べる為」だと思います。

弊社は野菜調理器が専門なので、野菜の話をしますが、

1日に野菜を食べなきゃいけない量はご存じですか?

「1日350g」(小鉢で山盛りキンピラごぼう5杯分位)なのです!(+_+)

包丁が苦手な私が昨日、調理器を使わなかったら、昨日の野菜を食べていなかったかもしれません…。

少しでも多くの野菜を食べる為、調理道具も使って下さいね(^.^)

でも、基本は包丁!!

私も少しでも上達するよう、頑張ります……(涙)





8月8日追加分

最後までブログをみてもらったお礼(^.^)

ブログを更新した日の夜に、

寺泊の海上花火を見に行って来ました!


20130808094548.jpg

ここから動画が見れます (youtube)

ぜひご覧ください(^o^)丿







続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 14:44
-, -, - -
山の中への出張! その2


前回のその1から時間がたちましたが、続きです(^_^;)



写真のように伐採された樹木は適度な大きさにします。

飛騨高山視察16.JPG

ほおのき1.jpg



材木はトラックを乗り入れて、運ぶのですが、

場所によっては車が入れない場合もあります!

その時は、ワイヤーを使って、隣の山に移動します(^.^)


飛騨高山視察11.JPG

飛騨高山視察15.JPG

飛騨高山視察4.JPG


生で見たけど、これは凄かった!(*_*)



それと、樹木から切り離した枝は集めておきます。

飛騨高山視察9.JPG

何とこの枝は、自然の肥料となるのです(^.^)

量にもよりますが、この枝は10年くらいかけて、

土の中に溶けていきます。

こういう自然の肥料は良い土を作ります!

そして、良い土は美味しい水も作ります!

とても良い自然のサイクルですね(^o^)丿

もちろん、樹木についている葉っぱも肥料となるのですよ〜!





そして、帰りに思わずゲストと遭遇!!

飛騨高山視察10.JPG

逆光でわかりにくいですが、

野生のカモシカ?です。

いや〜、これが筋肉がモリモリで、見てて怖くなるくらいでした(^_^;)

例えれば、プロレスラー的な感じ?(笑)

間違いなく自分は負けますね!

凄いスピードで山を登って行きましたよ〜(^.^)





以上、今回の山の中のお話は終わりです。

何か身近に木製の商品があれば、

「色々な人の手がかかってるんだな〜!」と、

思って頂ければとても嬉しいです!




続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:26
-, -, - -
山の中への出張! その1


以前、伐採現場の見学の為、

岐阜県の飛騨高山に行きました!




木は大雑把にわけると、

スギ・ヒノキなどの「針葉樹」とナラ・タモなどの「広葉樹」の2種にわける事ができ、

今回は「広葉樹」の伐採現場に行ってきました(^.^)


飛騨高山視察1.JPG



伐採方法で「間伐(かんばつ)」という言葉は聞いた事があると思いますが、

広葉樹ではすべてとは言いませんが、「皆伐(かいばつ)」という方法がとられます。

皆伐とは……?


飛騨高山視察3.JPG


山の上の部分だけ木を残し、後は全て伐採します。

この写真の方がわかりやすいかな?(^_^;)


飛騨高山視察6.JPG


自然破壊だ!何してるんだ〜!!<(`^´)>

……って怒った方、大丈夫です!

広葉樹は切株を残し、太陽たっぷりとを浴びさせると……、


飛騨高山視察8.JPG


樹木の芽が出ているのわかりますか〜?

そして、伐採から時間が経っている場所は……?


飛騨高山視察7.JPG

いっぱいの芽が生えてきてます!(^o^)丿

これは広葉樹の特色だそうです!

いずれか緑いっぱいの森林へとなるんでしょうね〜(^.^)




最近、「 間伐材(かんばつざい) 」の名前が先走りしてしまい、

「間伐材以外はダメだ〜!」っと、言われる方もいます(^_^;)

今回のブログで「樹木により色々な伐採方法があるんだね〜!」と、

思って頂ければ、嬉しいです(^.^)

それと、木をいっぱい伐採して、いっぱい使用した方が、

日本の森林は元気になります!

その事は弊社HPの木々倶楽部にて詳しく説明してありますので、

ぜひ、見て下さい!





それでは、続きはその2で!(^o^)丿



続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:54
-, -, - -
年齢に適したおもちゃ遊びをしましょう! その2


ちょっと時間が立ちましたが…(^_^;)

以前のブログの続きを書きたいと思います!





最初に「3〜4歳」です。

3〜4歳は社会性が芽生えてくる時期だと言われております。

社会に馴染む準備として、身近な大人(父親、母親)のマネ事が始まります(^.^)

そこで、おもちゃを使って、トコトン大人のマネをしてもらいましょう!

まず、パパのマネ!


74009.jpg


そして、大好きなママのマネ(^.^)

74006.jpg

子供は一つ一つ考えながら遊ぶので、

身近の大人のマネをするだけで、難しい言い方ですが、

「物語性」が生まれ、「想像力」向上になります(^.^)

この時に絵本の読み聞かせをした方が良いとも言われていますよ〜!

後、以前紹介した、ツボフジさんの、


de-bu[1].jpg

DISPLAY BLOCK

これも自由な発想力があるこの時期に、とても良いかもしれません!

まとめると、「自分で自由に作り上げる力+α」ってとこでしょうか(^.^)





最後に「5〜6歳」です。

この年齢になると、手先の器用さ、運動神経などが、かなり発達しています!

ここでのおもちゃの役割は、共同で遊ぶ事で養われる「連帯感」、

集中をする事で養われる「緊張感」が大事になってきますが……、

携帯ゲーム機の誘惑に負けちゃう時期でもありますよね〜(^_^;)

ほどほどでやめて、今のおもちゃには昔のおもちゃで対抗しよう!って事で、

あえてこのおもちゃで遊んでみましょう!


74007.jpg


アナログの出す緊張感満載のおもちゃは、集中力や、笑いが起こる事で生まれる、

コミュニケーションがあるおもちゃだと思います(^o^)丿




最後になりましたが、「おもちゃ=道具」だと思います。

道具だと思えば、子供のおもちゃ選びはより楽しくなるでしょう〜!

ピックアップしたおもちゃ以外にまだまだ楽しくて良い物はたくさんあります(^.^)

ぜひ、色々見て下さいね!!







続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:43
-, -, - -
たまりば市に来てください!そして気づけば…。


いよいよ今度の日曜(5月26日)は、たまりば市です(^.^)

06d4f9c62b5a3fe9a5abe8ca1158aa90.jpg

私も出店者として参加します!

今、「君は雨男だから、どうせ雨なんじゃないの?」って思いました?

大丈夫です!今回は三条商工会議所内で開催するので、雨にあたりません(笑)

スプリンクラーが作動しないかぎり…( 一一)





今回のたまりば市は、実行委員として中のお手伝いもしたので、

なかなか自分のブース準備が終わりません…(^_^;)

と、いう事で、先に持っていく物を写真で公開して、

やる気を出します!




まずは、いつもの「キャラクター箸」

RIMG0114.JPG



次にこれも恒例だけど、人気がある「ドッド箸」

RIMG0115.JPG




次は、ありそうでない?可愛いデザインの「菜箸」

RIMG0116.JPG



そして今回はうちの本業でもある調理器具も持っていきます!

スペースの問題もあるので、未定ですが、実演できたらいいな〜(^.^)


D-l.jpg

6-l.jpg

12-l.jpg

4-l.jpg




そして最近人気急上昇中の「木のネームプレート」は、

小柳産業ブースの隣のTF-DESIGNさんのブースにて販売してます(^^)/


RIMG0117.JPG


他にも約40の出店者さんがいますので、ぜひたまりに来て下さいね!



あっ、気づけば来月の9日はもう「三条マルシェ」!

000069686.jpg

夏バテしている余裕はないな〜!(^.^)



続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:2013年, 17:29
-, -, - -