RSS | ATOM | SEARCH
冬にそなえて(^.^)


こんにちは!

もう冬ですね〜(^_^;)

寒いのが苦手な私は、家から出ないシーズンでもあります。

でもでも、

今年は雪が降らないのです!

去年の今頃はこんな感じでしたよ!!


1982100_748722068542976_6964183368166218467_n.jpg

今年はこれと同じ景色には全く雪が写っておりません。

でも今年は、去年の事があったので、早めにタイヤ交換をして、

穴が空いてた長靴を買い替えようと思ってたら、

仕事で大変お世話になっている会社の

イケメン社長さんがある事をやらかし…(笑)、

ちょうどいいタイミングで買う事が出来ました(^.^)

12321473_925784674170047_7212598458209788954_n.jpg

かっこいいでしょ!

テレビ番組に紹介されたので、焦ってやらかしたそうです…(笑)

ま〜、自分にとってはベストタイミング(^.^)

よかったらここから↓↓


山谷産業様に移動します


年末は仕事も付き合いもプライベートも忙しくなるシーズンです。

皆様、どうぞ身体をご自愛ください(^.^)

私も気を付けます(笑)



続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:ご紹介, 17:15
-, -, - -
初めて行きました!料理教室。


先日、人生初の料理教室に行って来ました!

「えっ、お前なんかあったんじゃないの?」と言う声が聞こえそうですが、

違います!!何かある前に行くのです!(笑)

ま〜、冗談はこの辺にして、本題にいきます(^.^)





私が行った料理教室は、料理研究家の松丸まき(HP)さん主催の、

20〜40代男性限定の料理教室!「Men’s Kitchen」。

50代以上でも気持ちが40代ならOKとの事(^.^)

そして今回、チャレンジした料理は……?


o0480036012625511692.jpg


ベトナム料理の 「フォーガー」と「生春巻き」です。

ちなみに、鶏肉は「ガー」、牛肉は「ボー」と言うらしく、

今回は鶏肉を使ったので、「フォーガー」と、なるらしいです!





さあ〜、開始です!

まずは松丸先生による、デモンストレーションからです(^.^)


o0480036012625508587.jpg

o0480036012625508586.jpg


右の女性が松丸先生です。

さすがに美人先生のお話は男性人は真剣に聞きます!(^.^)




さて、一通りの説明も終わり、こちらの番です!

o0480036012625509680.jpg

o0480037512625509681.jpg


包丁は難しいですね〜(^_^;)

千切りをしたつもりが、輪切りっぽくなり、

かなり歯ごたえがよくなりました(笑)





そして完成!!

20130728010529.jpg

やっぱり男が作ったぽい!

最後はみんなで楽しく食べました(^.^)


o0480038712625510784.jpg


詳しい様子は、松丸先生のブログ(前半 後半)にも載っています!

とても勉強になりました!興味のある方はぜひ参加を(^.^)





実は昨日、生春巻きだけ復習しておきました(^.^)

包丁が苦手な私に強い味方は……、


両用.jpg


弊社商品の表面で千切り、裏面で大根等のツマ切りが出来る、

「木製両用調理器」です。

これを使ってきゅうりを…。


RIMG0228.JPG


にんじんを…。

RIMG0230.JPG

最後に大根を卸して、こんな感じにいっぱい出来ました(^.^)

RIMG0233.JPG

あっ、忘れてました(^_^;)

野菜を卸す前に、 生春巻きのタレになる、

「スイートチリソース」はちゃんと習った通り手作りです(笑)


RIMG0227.JPG

そして、完成!!

20130807112831.jpg


味は自分が作ったとしては、美味しかったですよ(^o^)丿



私みたいに包丁が苦手な方は、どんどん調理道具を使って下さい(^.^)

包丁、調理道具もそうですが、本当の使う目的は何でしょうか?

「切る為」「卸す為」…。簡単に言えばそうかもしれません。

でも、最終目的は「食べる為」だと思います。

弊社は野菜調理器が専門なので、野菜の話をしますが、

1日に野菜を食べなきゃいけない量はご存じですか?

「1日350g」(小鉢で山盛りキンピラごぼう5杯分位)なのです!(+_+)

包丁が苦手な私が昨日、調理器を使わなかったら、昨日の野菜を食べていなかったかもしれません…。

少しでも多くの野菜を食べる為、調理道具も使って下さいね(^.^)

でも、基本は包丁!!

私も少しでも上達するよう、頑張ります……(涙)





8月8日追加分

最後までブログをみてもらったお礼(^.^)

ブログを更新した日の夜に、

寺泊の海上花火を見に行って来ました!


20130808094548.jpg

ここから動画が見れます (youtube)

ぜひご覧ください(^o^)丿







続きを読む >>
author:Akira Oyanagi, category:ご紹介, 14:44
-, -, - -
立春のお酒と枡。


新潟県と言えば、米と日本酒ですね(^.^)

先週のお話ですが、毎年2月4日の立春に発売される、

素敵な日本酒があります!

それが、「越の誉 立春朝搾り」です。


sake.jpg




なぜ素敵かと言うと、

。卸遑監に一番美味しいお酒になるように蔵元が造る。

△修里酒をその日に絞り、酒屋さんも早朝に手伝いに行き、その日のうちにお客さんの元へ。

新潟県内で4店舗のみの販売。





味はと言うと…、美味しい!!

日本酒を飲んでいるというか、白ワインを飲んでいるみたいです(^.^)

さすが搾りたての新鮮です!

一年に一回の楽しみになりました(^o^)丿





そして、日本酒と関わりが深い木製品と言えば、コレですね。

hebimasu.jpg

そう、木の枡です(^.^)



ちょっと、枡の歴史を紹介!

枡は奈良時代からと言われていますが、

容量はバラバラだったみたいです。

容量が統一され始めたのが、織田信長が行った楽市楽座。

商業の発展の為、量の基準の統一は不可欠だったみたいです。

その後、豊臣秀吉が行った太閤検地で、

「一升を十号」と決められたみたいです。

それで現代は、「一号」や「一升」などの単位を、

当たり前のように使われています。

戦国武将は色々と現代に残しているのですね(^.^)





今は木の枡はこんな感じに、

masu-img.jpg

お菓子を入れたりも使われています。

これからもお酒を飲んだり、様々な使い方をして、

みなさんも木の枡を使っていきましょう!!





285454_140749099346748_1499632_n.jpg


株式会社 小柳産業 Akira.Oyanagi

小柳産業HPはこちらから
author:Akira Oyanagi, category:ご紹介, 17:21
-, -, - -
素敵な積み木。


もうすぐ、クリスマスですね!

クリスマスと言えば、プレゼント。

プレゼントで木のおもちゃはいかがでしょうか?(^.^)

もう遅いですけどね…(笑)

ところで、対象年齢って言葉を良く聞きますが、

年齢に沿ったおもちゃの遊び方が重要だと言う事は、

ご存じでしょうか?

この事は私もお取引先様に勉強させて頂きました(^.^)

ジャンルを。院Γ穏弌´■魁Γ敢弌´5・6歳と分けた所で…、

この事は長くなるので、1月のブログで各ジャンルに分け、

ゆっくりとご紹介したいと思います。(^.^)

キーワードは「成長+α」です。覚えておいてくださいね!





このテーマでブログを作成していて、

すごく良い積み木を思い出しました!

ちょっとフライングになるのですが、5・6歳は、手先がとても器用になり、

創造力もすごく発達する年齢ですので、

この積み木をご紹介致します。(^.^)


de-bu.jpg

この積み木は、株式会社 ツボフジ様のDISPLAY BLOCKと言う商品です(^.^)

写真で見た通り、色々な形に組む事が出来るので、

遊ぶ子供によって、完成形が全く異なります!

まさに発達している創造力にプラスαを与える事が出来るのです(^.^)

面白い事に、ツボフジ様がお盆休みにこの積み木を使って、

お子さんに自由に作品を作ってもらうと言うイベントを行いました!

その作品の一部を紹介します(^o^)丿




作品名「キリン」

b-kirin.jpg



作品名「家」

b-ie.jpg



最後に……、私の作品です。作品名「森」

b-mori.jpg

ハハ(^_^;)、一応、漢字の森をイメージしてます 。

どれが一番下手かは、傷つくので言わないで下さいね(笑)

まだまだ100人近い作品がありましたよ〜!



突然のブログ紹介の依頼を二つ返事で「いいよ〜!」と、

了承してもらったツボフジ様、ありがとうございました!




最後になりましたが、木のおもちゃはなぜ良いのでしょうか?

よく「木は温もりがある」と言う言葉を聞くかと思います。

それに付け加えるとするならば、痛い、冷たいなどの「木は刺激が少ない」

と言う事です。

その2つの「温もり」「刺激が少ない」のキーワードで、何かを想像しませんか?

そうです! 「人間の手」です!

天然素材は、色々ある素材の中で、一番、人間の手に近いと思われます。

きっと、木のおもちゃで遊ぶ子供達は、

親と一緒に遊んでいるような感覚なんでしょうね(^.^)

だから、母親と一緒に来る事が多い、美容室やカフェ等には木のおもちゃはオススメですよ〜(笑)

これからも仕事に関係無く、良い商品があった時はドンドン紹介していきますね!




285454_140749099346748_1499632_n.jpg


株式会社 小柳産業 Akira.Oyanagi

小柳産業HPはこちらから


author:Akira Oyanagi, category:ご紹介, 14:16
-, -, - -
海外出張?


私ではありません(笑)

だって、事情により、飛行機が怖いですから(^_^;)

今回、出張してくれたのは、これです!



01002.jpg


鰹節削り器です(^.^)

弊社では鰹箱と呼んでいます。




実は、この弊社の鰹節削りを 使って、韓国でワークショップを開いた方がいます!

NEXT KITCHENの中山晴奈さんです。

ソウルのオーガニックカフェ Cafe Slobbieさんにて、開催されました(^.^)




赤いエプロンが中山さんです。

テーマは「日本の夏の家庭料理」。

韓国の家庭料理との違いや、同じ点を体験する内容だったそうです。


next1.jpg



鰹節は上手に削るには、削る方向などのコツがいります。

これが簡単そうで、なかなか難しい!(^_^;)

でも、とても丁寧に教えられているようです!


next2.jpg



参加者の方もとても興味津々!

next3.jpg



日本料理の一番の特徴は何だと思います?

そう!「ダシ」です。

鰹節は日本代表として、大切な役割をしています。


next4.jpg



最後は参加者みなさんでパチリ!

next5.jpg



弊社商品を使って頂いて、ありがとうございました!

実はこの話は去年に伺っていたのですが、

弊社のHPリニューアルが遅くなってしまい、

紹介がだいぶ遅れてしまいました……スミマセン(^_^;)

会場になったCafe Slobbieさんも当時の事を、ブログで紹介させています!(^.^)

後、お好み焼き作りもして、鰹節が活躍したみたいです!


next6.jpg



聞いた事のある方もいらっしゃるかと思いますが、

昔、鰹節を削っている音で目が覚めたって話を良く聞きませんか?(^.^)

やった事がある方はわかると思いますが、

そんなに大きい音では無いのになぜでしょう?

実は、一節によると、鰹節のカビの部分に体の働きを活発にする、

快楽成分が含まれているみたいなのです!

その成分が削った事により周りに分散し、寝ている人の鼻の中から体内に入り、

目覚めにつながったみたいなのです!

ただ、すぐに消えてしまう成分なので、削っている時だけに、

起こり得る事らしいです!(^o^)

まさに鰹節は元気の源ですね!!




実はちょうど一年前位に、私は地元のイベントで、

弊社の商品の物販をしていました。

その時に60代位の男性だったと思いますが、

弊社の鰹節削りを見て、

「今さら、こんなの流行らないよ!だから売れないよ!」

って言われました(-_-;)

どう思いますか?

日本の昔からの食文化を古いと言う60代の人がいる。

その一方で、日本の昔からの食文化を伝えようとする若い人がいる。

もし、前者が正しかったら、前回のブログで言ったみたいに、

「東京スカイツリー」にネーミングされていないはずですよね!

これからも弊社は、鰹節削りをしつこいくらいに作り続けたいと思います(笑)

日本の食文化を守り、伝える為に!





最後になりましたが、

写真を提供して頂きましたNEXT KITCHENの中山さん、

ありがとうございました!




285454_140749099346748_1499632_n.jpg


株式会社 小柳産業 Akira.Oyanagi

小柳産業HPはこちらから

author:Akira Oyanagi, category:ご紹介, 16:51
-, -, - -